マンズナル (つるありインゲン)

11133452

マンズナル  (11133452)

【店長より】

※本種は美味しい「つるあり」インゲンとしてオススメの品種です。一方、平莢新品種で「つるなし大江戸菜豆」が平成28年度より新発売です。こちらもぜひお試し下さい。つるなし種で味は一押しです!

種まき:露地栽培で4月〜8月です。冷涼地以外は6〜7月中旬は蒔かないでください。花が咲かないか咲いても実がつきにくいです。(インゲン一般に当てはまります)。暖地では7月下旬〜8月蒔きの抑制栽培ができます。非常に良くなるのでオススメです。詳しくは下図を参照してください。

つるあり種ですから支柱やネットが必要です。
一カ所に3粒蒔いたとき、小袋(25ml)で約30粒→約10株、80mlで約90粒→30株分くらいできます。すべて当店で小分けした説明書入りの袋でお届けします。※L袋以上はFAXにてご注文ください。
●タキイのモロッコに似たインゲンでまたひと味違った美味しい品種です。子実がふくれるくらい収穫が遅れても硬くなりません。モチモチした食感はつる無し種では味わえない絶品の味だと個人的には思います。モロッコよりやや早生で、高温着果性が優れているのでモロッコより作りやすいのが特長です。モロッコより栽培適応性が優れ、播種期の幅も広いと思います。当店のオススメ種です。
●インゲン一般についてはこちらをご覧ください。

【特 性】
(1)つるありインゲンの中では、最も極早生で、播種後50日位で収穫できます。
(2)莢は長さ20cm巾2.5cm位の超巾広で筋がなく、大莢になってもやわらかく、品質・風味とも極上の大平莢種。
(3)莢は低節位から着き、長さ15cm、巾1.5cm位の若莢から収穫を始め、長期間に渡って収穫出釆る豊産種。
(4)種実も皮が非常にやわらかく、煮豆・たきこみごはん等にすると非常においしくいただけます。

【栽培の要点】
(1)畦巾80cm、株問30cm位に2〜3粒点播し、本葉2〜3枚頃に支柱立てを行なってください。(2)肥料は元肥に早効きのするものを使い、収穫期間中に3度位化成肥料を追肥し、草勢の維持に努めてください。
(3)タンソ病はダイセン系の農薬を500倍位にうすめて散布する事。

栽培説明書はこちらです

注文番号タイトル(定価)販売価格(税込)
在庫状態数量単位 
111133453マンズナル 小袋(¥237)¥219
売り切れ売り切れ
11133452マンズナル 80ml¥548
売り切れ売り切れ
11133452