サカタ サクサク王子(つるなしインゲン)

11112471

サクサク王子  (11112471)

【店長より】

※本種はおいしいつるなし「丸莢」インゲンとしてオススメの品種です。一方、「平莢」新品種で「つるなし大江戸菜豆」が平成28年度より新発売されました。こちらもぜひお試し下さい。ツルなし種では味で一押しです!

種まき:露地栽培で4月〜8月です。つる無しインゲン一般に当てはまりますが、冷涼地以外は6〜7月中旬は蒔かないでくだい。花が咲かないか咲いても実がつきません。暖地では8月蒔きの抑制栽培ができます。良くなるのでオススメです。詳細は下図を参照してください。
一カ所に3〜4粒蒔いたとき、小袋(20ml)で約15株、1dlで60株分くらいできます。すべて当店で小分けした説明書入りの袋でお届けします。※L袋以上はFAXにてご注文ください。
つるなし種なので支柱は原則的に不要ですが、この品種はやや長めの莢なので良品を長期間取るためには簡単な支えがあると理想的です。※1dlのみの販売になりますが、営利用にも向くやや短めの莢の新品種「サクサクネオ」もございます。

●一般に味はつるなし<つるありなのですが、この品種は特に味がよいので差別化に最適です。
●一斉にならなずだらだらとなりますので、長期収穫が出来ます。逆に大規模一斉収穫をされる方には向かないと思います。
●インゲン一般についてはこちらをご覧ください。。

【特 性】
(1)丸英の長莢で、莢幅7〜8mm、莢の長さ16〜19cm。
(2)シャキシャキ感のある歯ごたえで食味が非常によく、短時間でゆであがりサラダ感覚で楽しめる。
(3)鮮緑色で莢の表面は子実の部分が目立たず、なめらか。
(4)株は従来品種より馬力型で伸びやすいので、誘引を必要とする。
(5)一斉収穫タイプでなく、2〜3週間かけて収穫していくタイプ。中生種でややおそめ。

【栽培のポイント】
(1)吸肥力が強い品種のため元肥控えめで開花後の追肥で追っていく。
(2)ほかのインゲンよりも株が大きく長莢のため、開花期以降に特に水を必要とする。マルチ栽培で水分を確保し、開花期以降は適宜灌水をした方が生産量が安定する。
(3)追肥は開花初期に行い、莢のつきや肥大をはかり、なり疲れに注意する。
(4)収穫は莢幅7〜8mm(長さ16〜19cm)が適期である。従来品種なみの長さでも収穫できるが、やや長めで収穫した方が、この品種のもつ食味・食感のよさを発揮できる

栽培説明書はこちらです。

注文番号タイトル販売価格(税込)
在庫状態数量単位 
11112471サクサク王子ネオ 1dl¥726
在庫僅少
11112473サクサク王子 小袋¥219
在庫僅少
11112474サクサク王子 65ml¥523
在庫僅少
11112472サクサク王子ネオ 小袋¥219
入荷待ち入荷待ち
11112471