サカタ交配 おはよう ブロッコリー

12105350

おはよう  (12105350)

【店長より】

※トレー蒔がしやすいように、コート種子の小分けを始めました。元詰め5000粒入りを約1000粒と約500粒へと、お買い求めやすいように小袋化してみました。数に限りがありますのでお早めにお求めくださいませ。

●サカタのブロッコリーは最近イイですね!もちろん営利プロ用としてです。この品種もその一つです。「こんにちは」「こんばんは」と今年(2019年)から新品種が出ました。「おはよう」に比べ前者は播種期の最適幅がややせまく、後者は組織内ベトにやや弱点を持っているようなので、今後の普及の度合いを見ておススメできるかどうか様子を見ているところです。
●プロ用のやや密植栽培で、特に良質な頂花蕾が狙えます。この良質性は全日本野菜品種審査会で一等特別賞をピクセルに続いて受賞していることで証明できるでしょう。
●ピクセル>おはよう>グランドームという順番で収穫時期をずらせます。
●11月下旬どり以降はピクセルに置き換えても良いような高品質な頂花蕾が採れます。
しかもピクセルより、立性で密植に強く、花蕾はより丸くドーム型で大きくとてもきれいです。
●佐世保などの暖地では8月蒔き12月〜1月どりが最適です

※苗は夕方の潅水を控え、徒長を抑えること。高温期は特にご注意を。また、若苗定植が基本です。

※ブロッコリー一般についてはこちらをご覧ください。
※ブロッコリーの育苗定植はこちら(キャベツ)が参考になります。

【特性】
?播種後95日前後で収穫できる中早生品種。
?草姿は極立性で草勢やや強い。花蕾位置はやや低い。
?花蕾は小粒、濃緑色で極ドーム形。花蕾形状の安定性高い。
?低温時のアントシアン発生がなく、茎の空洞症も少ない。
?栽培適応性高く、播種期および収穫期幅が広い。

【栽培法】
平坦地夏まき栽培:一般地では、8月1〜20日ごろ、暖地では8月10〜30日ごろまで播種でき、11〜1月まで収穫可能です。とくに低温期でも花蕾のアントシアンが発生しないので、安心して栽培できます。

平坦地春まき栽培:一般地では、1月25日〜2月25日ごろ、暖地では1月15日〜2月15日ごろまで播種でき、5月いっぱい収穫できます。また定植後の被覆資材を上手に使えば、1月上旬播種し、4月中旬ごろから濃緑花蕾を収穫できます。

非常に立性なので(ピクセルなどに対するメリットです!)、栽植密度は10aあたり約4,000本を標準とし、頂花蕾の増収を狙えます。ただ、栽培時期によって株の大きさが異なるので多少の増減を行ってください。

※2019年よりコート種子の小分けを始めました。

注文番号タイトル販売価格(税込)
在庫状態数量単位 
12105350_2000おはよう 2000粒¥6,930
入荷待ち入荷待ち
12105350_1000おはよう 約1000粒¥3,812
入荷待ち入荷待ち
12105350_1000Kおはよう コート 36ml(約1000粒)¥4,543
入荷待ち入荷待ち
12105350_500Kおはよう コート 18ml(約500粒)¥2,382
入荷待ち入荷待ち
12105350_5000Kおはよう コート 5000粒¥18,920
入荷待ち入荷待ち
12105350_100おはよう 1ml(約100粒)¥548
入荷待ち入荷待ち
12105350_500おはよう 約500粒¥2,090
入荷待ち入荷待ち
12105350_100Kおはよう コート 100粒¥548
入荷待ち入荷待ち
1210535012105350