一代交配 サクッとうま〜い藍蜜キャベツ

12124250

サクッとうま〜い藍蜜キャベツ  (12124250)

【店長より】 ※H28/6/14 新種に更新いたしました。

暖地では8月上旬〜20日蒔き(葉芯系としてはかなり遅まき)が可能で、11月〜1月の寒玉が中心の時期に、サクサクした甘いキャベツを出荷できることがこの品種の最大の武器であることが分かってきました。寒玉は確かに寒さが厳しくなるにつれ甘くはなりますが、この品種ほどジューシーでサクサクしたみずみずしさはありません(キッパリ)! 従って、栽培がひろまるといいな・・・・、という願いを込め、本年より「壇蜜(だんみつ)」もとい(笑)、藍蜜(らんみつ)甘藍と少々名称を変更いたしました

●3月からいつでも蒔けるおいしいキャベツです。(上述のとおり限界は8月20日頃まで)
葉深の血が入っているので柔らかいのですが、ただ柔らかいだけではなく、葉肉が厚く水分が多いのでサクサクとしたジューシーな甘さが特長です。
●この時期のキャベツではナンバーワンの耐暑性だと、育種元も太鼓判を押すほど作りやすいキャベツです。その作りやすさは、
(1)水切りが良く梅雨によく耐えること。
(2)高温結球力がつよく、ナンプ病やイオウ病に強いので天候の変動に対応できること。
(3)播種期の巾がとても広く、また、在圃性もよく小さめ〜大きめと収穫時の大きさも柔軟に対応できます。

小袋は1.2mlです。約100本程度の苗ができます。

※キャベツ一般についてはこちら
※栽培説明書はこちらを、ご覧ください。

※栽培実物と調理例はこちらです。

【特 性】
●生育旺盛で高温乾燥条件に強く、石灰欠乏症などの生理障害になりにくい。栽培容易な平玉早生種。
●高温結球性が強く、軟腐病、萎黄病等の諸病害に強く黒腐病にも強い方である。
●草姿は半立性で耐雨性があり、定植後60日程度で1.2kg、70日で1.8kgに太る豊産種です。

【栽培のポイント】
(1)平均気温が10℃以下になると結球が進まず、軟結球になる恐れがあるので、播き遅れに注意する。
(2)耐寒性は強くないので平坦地では11月下旬までの収穫が望ましい。

注文番号タイトル販売価格(税込)
在庫状態数量単位 
12124250_10サクッとうま〜い藍蜜キャベツ 10ml¥2,970
在庫僅少
12124250_Sサクッとうま〜い藍蜜キャベツ 小袋¥548
在庫僅少
12124250_20サクッとうま〜い藍蜜キャベツ 20ml¥5,445
在庫僅少
12124250