一代交配 輝 キャベツ

12105971

輝  (12105971)

【店長より】
種まき2月〜7月が適期です。暑さに強い多汁系の葉深系F1ではありますが、カチッとした性質も強いです。だから種蒔きできる期間はかなり広めです。いつ播種しても結球する作りやすさが最大の魅力だと思います。佐世保では2月くらいから8月中旬まで安心して種まきできます

●小袋一袋で100〜200粒入っていると思いますが、概算で苗約100本位だと思います。

●ぜひこちらのキャベツの品種の使い分けをご覧ください。耐暑性と生食向きの食感のよさを取り入れるために葉深系の血を入れたと想像できますが、その割合は他の柔らかめの葉深系よりはるかに小さいです。外葉が小さくコンパクトで、やや小ぶりの甲高で、特に湿害に強く、作りやすいのが特長です畑をあまり選ばず、誰にでも無難にできることもこの品種の特長です。春から夏にかけての作型でこのような品種は兄弟種の「将軍」以外には見当たりません。一般的にこのようなキャベツは寒玉の血が入っているので硬くて生食向きではありません。しかし、この品種はあまり用途を選びませんので、とてもユニークだと思います。

●将軍の代品として使えるほど将軍に似ています。気持ち遅めで長持ちするかな?という程度の違いだと思います。味は将軍と同じ美味しいですが中間型です。

●苗は夕方の潅水を控え、徒長を抑えること。本葉4〜5枚の若苗定植がよいです。しかも、浅めに植えるのが良いです。老化苗は不揃いの原因となるのでご注意を。

※葉深系などといったキャベツの品種の大まかな使い分けについてはこちらを
※キャベツ一般についてはこちらをご覧ください
※作型は断りがない限り関東以西の一般及び暖地について述べており参考にとどめてください。貴地の天候にあった栽培を行なってください。
※20ml以外は説明書入りのオリジナル小分け袋でお届けいたします。

【特性】
(1)春から初夏まで播種できる。耐暑性と耐病性抜群で30℃以上でもぐんぐん生育する。
初夏まきでは播種後80日で収穫となる極早生種である。外葉小型で10a当たり4080本の密値。
(2)球重1.5kg前後、球面濃緑で独特の光沢、美味。

※栽培説明書はこちらです

※2014/7/1より価格が改定されました。 新種は7月より順次入荷予定です。

注文番号タイトル販売価格(税込)
在庫状態数量単位 
12105970輝 20ml¥6,358
廃盤廃盤
12105970_10輝 10ml¥3,498
廃盤廃盤
12105971輝 小袋(元詰)¥578
廃盤廃盤
12105971