タキイ交配 彩音 キャベツ

12102170

彩音  (12102170)

【店長より】
種まき8月まき12月〜冬どりの寒玉種です。佐世保では8月上旬より9月初旬まで蒔けます。特にこの品種は寒玉系ではトウ立ちが遅く、早めに結球して、長く畑に置きながら収穫できるのが特長です。遅まき遅どりはより低温伸長性が強い「夢舞台音」がよいでしょう。また、8月の猛暑で種まきができなかった場合など安心して使える長所があります!つまり、播種期の融通がきくのがお勧めのポイント?です。
寒玉としては非常に高品質です。これがこの品種のお勧めのポイント?です。

※春系、寒玉系、葉深系などキャベツの品種の大まかな使い分けはこちら。
※キャベツ一般についてはこちらをご覧ください
※作型は断りがない限り関東以西の一般及び暖地について述べており参考にとどめてください。貴地の天候にあった栽培を行なってください。

【特長】
?萎黄病・黒腐病に強い耐病性を持ち、栽培適応能力が高く、いたって栽培しやすい冬どり中晩生種。
?草姿は中立性。外葉はやや丸みを帯びた濃緑葉で、旺盛に生育するため比較的大きく、玉の肥大性にすぐれる。
?玉は濃緑で色ツヤのよい甲高扁円球で、形状安定性にすぐれる。葉質はやわらかくて甘みが強い。球内色の黄色みも強いので市場評価が高い。
?耐寒性・低温結球性が強く、低温期でも肥大性にすぐれ、裂球は遅い。特に晩抽性にすぐれ、早春の芯伸びが遅いため収穫期幅は広い。

【栽培の要点】
?草勢が強く吸肥力が強いので、元肥を控え、追肥も3回程度に分施して、収穫期まで安定した肥効を保つ。
?強勢でやや大株に生育するが、密植しても玉肥大・玉ぞろい共によい。
栽植株数は、畝幅130cm、株間30cmの2条植えで、10a当たり5,200株を標準とする。
?早春の上昇気温下で雨の多い条件では、菌核病が発生する場合があるので、適宜薬剤散布を行い、防除に努める。
?暖地で、晩抽性を生かした4月どりをねらう栽培では、2月から肥効を上げ、結球を促す。
※育ち遅れの弱い苗は定植しないこと。

※栽培説明書はこちらです

※2014/7/1より価格が改定されました。 新種は7月より順次入荷予定です。

注文番号タイトル販売価格(税込)
在庫状態数量単位 
12102170_S彩音 小袋¥638
入荷待ち入荷待ち
12102170_2000彩音 2000粒¥3,740
入荷待ち入荷待ち
1210217012102170